Home > サイバー寺子屋

サイバー寺子屋 Archive->

男子女子

俺です。

結婚予備校がついにできた! 「希望は年収は1000万円以上で同居しなくてもいい人」 – ガジェット通信

ギャグにしてはパンチがきいてないな。本気で言ってると思ったらオエッてなった。
こっちから願い下げじゃこのバカタレ!いつまでドリーミン!

そして以前から言いたかったのが、○○男子とか○○女子についてである。

いい歳して男子も女子もねえだろよ。

○○男子とか○○女子とか、メディアがなんとか流行らせて金にしたいのが露骨にわかるので、ヘソでティーがわいちまうぜ。滑稽滑稽。

まあ、僕は純情気狂い花畑系男子ですけどもね。歳は17歳と100ヶ月くらい!テヘッ☆

寝る。


あんぱん。 Blogランキング

ファック似非エコロジスト

 俺です。

 「ザ・コーブ」という映画が、アカデミー長編ドキュメンタリー賞を受賞した。
和歌山県太地町でのイルカ漁を隠し撮りした映画で、アメリカで物議をかもしたとかなんとか。

 で、『日本は酷い日本酷い』ってな反応なわけだが、シーシェパードの騒ぎといい、思案の甘さに滑稽を通り越して腹が立つ。

 そもそも、近年のエコブームの始まりが、ハリウッドスターがプリウスに乗っちゃってエコってクールねなんつって始まったようなところもある。なんか流行ってるしかっこいいから的なノリで乗っかった、頭の回転が控えめな方々も多い気がする。

 捕鯨妨害でおなじみのシーシェパードも、今度はクロマグロ漁妨害宣言をしたようだ。
 よくわからないが、金になるんだろう。
 金持ちが自己満足のためにシーシェパードを支援⇒シーシェパードはダイナミックに妨害⇒ニュース等でとりあげられる⇒支援者はいいことをしたと大満足、シーシェパードは目立ってさらに支援金が入って大喜び。
 多分、こんなもんだろう。エコに乗っかったショービズなんじゃないかと俺は思ってる。

 そもそもだ、乱獲してるわけでもなし、理解できない文化だからといって、他国が激しく介入してくるのはどうなのだろうか。
 
 そして、何に腹が立つって、命の重さに理解がないところだ。イルカやクジラやクロマグロがだめで、牛はいいのか。

 イルカやクジラが殺されることに文句を言う輩は、ニワトリや豚や牛が殺されるのを見たことがあるのか。実にシステマチックに、機械と人による流れ作業で、次々と殺されていく。似非エコロジストはそれを見て騒ぐのか。騒いだら本物のエコロジストと認めてもいい。

 どの生物の命が特別に重いなんてことはない。だからこそ、食べるときは感謝しなければならない。
 イルカだクジラだと特定の生物についてのみ騒ぐ奴は、豚肉の一欠けら、卵の1つでも命だったことを忘れてるんじゃないのか。捕鯨よくないと批判しながら、何も考えないで牛肉をムシャムシャ食ってるんじゃないのか。

 日本には、『いただきます』『ごちそうさま』という素敵な言葉がある。いただく生命に感謝するという意味では、神様に祈るよりもずっと的を射ていると思う。

 色々な生物の生命をいただくことによって、自分は生きているということを、似非エコロジスト共は考えたほうがいい。

 ちなみに、俺は焼肉のときに、よく、ホルモンを箸で摘んで『これは豚の小腸です。ブチャブチャの糞がつまっているところです。ほら、焼いたらなんかうんこくさいでしょう?』などというクレバーなジョークで他人を嫌な気分にさせたり食えなくさせるが、そんな話をしながらでも俺が普通に食べられるのは、そういうものだと重々承知しているからだ。部位がわかるものは、その部位丸々の生の状態をどうしても想像してしまう。

 まあ、とりあえず、モノホンのエコロジストなら、偏ったことやってんじゃねえってこった。俺は肉、寿司大好きでエコロジストなんかではないが、いただく生命に感謝はしてる。自然に対しても、似非エコジスト金持ち共よりも結構なエコぶりだ。貧乏で車なんて買えやしねえからな!

 寝る。


あんぱん。 Blogランキング

アンゴナハーチュー

いつもいきいき!俺です。

おやおや。
漫画・アニメの「非実在青少年」も対象に 東京都の青少年育成条例改正案 (1/2) – ITmedia News
2ページ目の、ノンフィクションライターの方が、すごくいいことを書いてると思う。

 直接、上記の話題とは関係ないが、なんというか、最近、いつまでも最前線気分の年寄りやらオヤジ連中が騒ぎすぎだと思う。
 しかも理解できないものを攻撃するという方向で参加してくるからたまらん。勉強してから文句を言ってくるならまだしも、だ。 皆さんの職場なり、時事ネタなりでも、思い当たることが1つはあるのではないだろうか。

 上記の件に関して言えば、ネットのフィルタリングなり、先にやるべきことが沢山あるだろう。てめえらが青少年だったころに、清く正しい心で、爽やかに生活していたか考えればすぐ答えが出る話じゃないか。

 個人的な話をすれば、墨でちょろっとポジティブな言葉を書き散らかした相○み○をのようなやつは、俺にとっては「青少年の健全な人格形成に対して有害」だった。あの手の文章は未だに、読むたびに胸糞が悪くなる。前向きに生きろ前向きに生きろと言われているようで吐き気がする。失敗したっていいじゃないだって?保障でもしてくれんの?バカじゃないの?勝手なこと言うな。
 別に俺の斜に構えたっぷりを披露したいわけではない。俺のように思う人も(多分)いるってこった。ただ、俺は、それについては「こういうのもあるんだ」程度に受け止めている。なんとかしろとギャンギャン騒いでやめさせようとはしない。最も、そんな権力もないが。

 胸糞の悪い漫画だろうが、胸糞の悪い筆文字だろうが、表現の一つだなってことで、それでいいじゃないか。例の筆文字が芸術だっていうなら、漫画だってアニメだって芸術じゃないか。

 影響を受けて犯罪行為等に及ぶ奴が馬鹿なだけであって、表現自体は何も悪くはない。規制される筋合いなど全くないのである。不快なら見なければいいだけの話。それに、芸術の類なんてものも結局需要がなければ世には出ないのだから。

 上記リンクの件に言及するような形になってしまったが、つまるところ、竹槍をにぎりしめたジジババはヤングなことに安易に介入してくんなってこった。『最近の若い人の流行とかは理解できん』って言ってれば年寄はクールなんだよ。その発言から長生きしてきただけの器の大きさってものが垣間見えるからな。

 とりあえず、口突っ込むなら勉強してからこい。道端に落ちてるエロ本やエロ漫画にただならぬロマンチシズムを感じギャルゲを小馬鹿にしながらクラナドをやって鼻垂らしてさらにアニメ版を見て鼻垂らして泣いてなんとなく少女漫画を読んだら度を越したエロさに度肝を抜かれてなんとなく学園モノのエロゲをやったらときめいちゃって俺もう一回高校に行くなんて思ってからこい。

例によって、メチャクチャな文章となりました。

寝る。


あんぱん。 Blogランキング

価値観の相違

俺です。
今日は価値観の相違について考えてみましょう。

まずはこちらをご一読ください。

オタクの彼と付き合ったら、女の価値は下がりますか – 恋愛掲示板 Rapli(ラプリ)

 要約すると、『彼氏が実はオタクだった!きもし!オタクと付き合ってる私はうんこかしら!』ということです。たぶん。

 とりあえずはじめに、この質問について、わたくしが適当に考察していきましょう。

全文を読む

サイバー寺子屋

俺です。

みなさんごきげんうるわしゅう。
上のメニューバーとかおかしな感じですが、そのうちなおします。今は、カテゴリ無修正丸出し大百科状態です。

さて、サイバー寺子屋という変なカテゴリができてるわけですが、それについて説明いたします。

時は2005年。原始ラッシャイトゥナイにおいて、わたくしは、様々な事柄についての考察や、フレッシュなアイディアを披露するといったことをアゲインアンドアゲイン行ってまいりました。

その時の気持で、まるで出会ったあの頃のように、前向きに書き綴り、わたくしと、そして読者の皆様と、共に成長していけるような、そんな記事のカテゴリとしたいと思う次第です。

よくわかりませんが、とりあえずそんな感じです。三日後には消えているかもしれません。うんこ。

寝る。


さっぱりわからん。 Blogランキング

ホーム > サイバー寺子屋

最近の美しい叙情文
古文書
楽しいショッピング
下の窓から検索をして、商品をご購入されますと、貧しいHさんに端金が入り、生活費として充当されます。ご支援、宜しくお願い申し上げます。

Return to page top